ごま塩文鳥との甘い生活?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ちや
 
[スポンサー広告
ごまの羽
羽を切った文鳥=手乗り文鳥だと思っていました。
お迎えする時にも当然の如くお店の方が風切り羽を切られました。

雛の時から一生懸命こっちに向かって飛ぼうとしてきました。
途中で力尽きて落ちそうになるのをあわてて受け止めました。

雛換羽の時に左翼の外側2枚の羽だけ抜け落ち、新しい羽が生えてきました。
徐々に飛行距離が長くなり、今はケージを開けるとぐるっと一度部屋の中を
低空で旋回してから肩に止まるのが定番になりました。

短く切られた白い風切り羽


生え変わった外側2枚


次の換羽で翼が生まれ変わり、カーテンレールの上で餅になったごまを
見上げる日が来る事を心待ちにしています。

スポンサーサイト
Posted by ちや
comment:0   trackback:0
[文鳥

thema:小鳥大好き - genre:ペット


comment
comment posting














 

trackback URL
http://gomabun.blog45.fc2.com/tb.php/20-336fdf09
trackback
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。