ごま塩文鳥との甘い生活?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ちや
 
[スポンサー広告
ごまアルバム8
雛換羽ほぼ終了(6月下旬)。

4月下旬から始まった雛換羽。この2ヶ月は殆ど手の中に入ってくれず、
触れようとするとカルルルルル!!と指や顔面向けての噛み付き攻撃。
血は出るわ、目元は腫れるわで、放鳥するのが億劫になった事もしばしば。
それでも私が移動しようとすると常に付いてきてくれたごま。
その小さな姿を見て、そうや、ごまには自分しかおれへんのや、と思う事が出来ました。

背中おさわりはNGです。
飼い主つかの間の幸せ。


7月に入ってからは徐々に手の中でじゃれることが多くなり、噛み付きも以前よりましになってきた気がします。
雛時代みたいにはまだ握らせてはくれませんが、一つの山を越えたのかな?と思います。
と言って油断をするといきなり必殺ごまひねりが来ますが…。

せっかくの瞬間やのにピントが…(泣)
口パカー。


ごま、今にみとれよ、握りにしたるからな。(飼い主リベンジ宣言)


スポンサーサイト
Posted by ちや
comment:0   trackback:0
[文鳥

thema:小鳥大好き - genre:ペット


comment
comment posting














 

trackback URL
http://gomabun.blog45.fc2.com/tb.php/13-a306d90d
trackback
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。